更新 2012-06-07

試作フォント Experimental

ここにあるフォントは、ダウンロードページにあるフォントとライセンス条件が異なるので、別ページにしました。

Migu 1VS

Migu 1VS 見本

欧文フォント DejaVu Sans Condensed と組み合わせました。Migu 1P/1Cと比べると半角英数字の横幅がせまく、英文を読むのに向いています。
MigMix 1Pとの違い:

  • 半濁点(゜)を大きくして、濁点(゛)と判別しやすくした。
  • 漢字の一部(漢数字の「一」など)や長音記号「ー」、英数字 I の字形を変更した。
  • 全角ひらがなカタカナも可変幅(プロポーショナル)。
  • 英数字のデザインが異なる。欧文フォントを取り入れた。
  • 半角英数字と全角英数字のゼロ(0 0)にスラッシュが入っている。

IPAフォントライセンスの制限により、ダウンロードできません。

このフォントをIPAフォントに置き換える場合は、 IPAフォントのダウンロードページで「IPAゴシック(Ver.003.03)」を 入手してください。 派生プログラム(このフォント)を作成する過程でフォント開発プログラム(FontForge)によって作成された追加のファイルであって派生プログラムをさらに加工するにあたって利用できるファイル (*.sfdファイル)は、配布サイトから入手できます。

Migu 2DS

Migu 2DS 見本

欧文フォント Droid Sans と組み合わせました。このフォントも半角英数字が横にせまく、Migu 1VSと同じく英文を見るのに向いています。日本語文字は MigMix 2PがベースなのでMigu 1VSとはちがう雰囲気になっています。
MigMix 2Pとの違い:

  • (半濁点を大きくする処理をしていない)
  • 漢字の一部(漢数字の「一」など)の字形を変更した。
  • 全角ひらがなカタカナも可変幅(プロポーショナル)。
  • 英数字のデザインが異なる。欧文フォントを取り入れた。

IPAフォントライセンスの制限により、ダウンロードできません。

このフォントをIPAフォントに置き換える場合は、 IPAフォントのダウンロードページで「IPAゴシック(Ver.003.03)」を 入手してください。 派生プログラム(このフォント)を作成する過程でフォント開発プログラム(FontForge)によって作成された追加のファイルであって派生プログラムをさらに加工するにあたって利用できるファイル (*.sfdファイル)は、配布サイトから入手できます。

Windowsのフォント表示

Windows 7/XPの標準のフォント表示は、MacやLinuxと比べるとガタツキがあります。

このウェブサイトのスクリーンショットは、gdi++(ジーディーアイ・プラスプラス)というソフトを使い、Linux同様の表示にしています。

そのソフトの使い方は 以下を参考にしてください。
[フォント] gdi++ Heliumの設定 - itouhiroメモ

ページのトップへ戻る